ドラゴンはドラゴンでも…

あっぱれな秋晴れの今日、土曜日海外なるほどネタ担当、たっぷとりで安です!
っていうか、もう冬将軍到来って感じですかね^-^

さて、本日の主人公はこの方です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そう、ドラゴンはドラゴンでも「コモドドラゴン」、
名前の由来であるインドネシアのコモド島のお隣り、リンチャ島在住のドラゴンたちです。
彼らは野生です!
そして、正式には「コモドオオトカゲ」です。

何と、ご覧のとおり海にも入ってちょっとは泳げるんです^-^

彼らの生態って解明されていないことが多く謎だらけなんですって。
案内してくれた現地のネイチャーガイドさんが教えてくれました。

今日はまず、謎の解明その1!
コモド君の獲物のしとめ方!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この方たち、歯と歯の間に毒の管を持っていて、獲物の水牛君などを襲うとガブッとかんで、
その毒を彼らの体内に注入するんです。
でも、すぐには食べません。

その毒は約1週間ほどの間に水牛君の体に回っていくのです。
死期を悟った水牛君は、弱って最後に水場にやってきます。
そこに待ち構えていたコモド君がガブガブっていう食物連鎖なのです。

なるほど…。
ちなみに、私がリンチャ島に上陸したときには、まさにその食物連鎖の場面に遭遇しました。
命ってまわってるんですね。

さて、次回はドラゴンの謎その2、に迫ってみたいと思います。
お楽しみに~^-^

朝晩、かなりしばれてきました、皆さんも風邪などひかぬようにたっぷとりで元気な体をつくりましょ!

カテゴリー: スタッフブログ パーマリンク